安全品質活動

危険物を取り扱う日陸グループにとって、「安全」は事業の根幹であり社会への責務です。社員一人ひとりが危険を予知して事故を防げるよう、計画的かつ徹底した安全品質管理を行っています。

安全推進委員会

安全と品質の維持向上を目的とし、全社目標やアクションプランを策定します。それらを全事業拠点に共有し、定期的なレビューを行います。

社員一人ひとりの安全意識向上

すべての拠点で安全品質活動計画を制定。安全意識を高める訓練や研修を導入し、事故防止への心掛けを徹底しています。

  • ● KY(危険予知)活動
  • ● HHK(ヒヤリ・ハット・気がかり)活動
  • ● 各種安全研修
  • ● 防災訓練/救助訓練
  • ● 安全パトロール など

電気機器製造メーカーとIT点呼を共同開発し、国交省へ法改正の働きかけも行いました

安全と無事故を高く評価

無事故を達成した個人や営業所を表彰するだけでなく、異常をいち早く発見して事故を防いだ事案にも着目。事故防止の取り組みを評価し、事故ゼロを目指します。

  • ● 無事故表彰制度
  • ● 優秀事業所表彰制度
  • ● 異常早期発見表彰制度

安全運転の徹底

すべての事業所で社団法人全日本トラック協会の「安全性優良事業所(Gマーク)」を取得。運送車両はデジタルタコグラフやドライブレコーダーで走行状況を記録し、ドライバーの確実で安全な業務遂行を促します。また、車両メーカーとの横転抑止装置の共同開発を行い、積極的に導入しています。

運輸安全マネジメント

国土交通省が2006年10月に発表した「安全管理規程に係わるガイドライン」に従い、事業所や物流センター10拠点で運輸安全マネジメントに取り組んでいます。
「輸送の安全に関する情報」として下記のとおり公表いたします。

お客様に満足されるサービスを目指して

「顧客が満足する物流の品質・プランを提供し社会に貢献する」という品質方針を掲げ、公明正大な経営とコンプライアンス強化、物流サービスの品質改善に努めています。

  • ● ISO9001認証
  • ● AEO通関業者認定(2008年全国第一号)
  • ● AEO倉庫業者認定(2019年)
このページのトップへ戻る