トップの中のサービス内容の中のサービスメニューから探すの中の倉庫・タンクヤードの中の医薬品倉庫

倉庫・タンクヤード 医薬品倉庫

特に消防法の危険物に該当する医薬品類の保管はお任せ下さい。

医薬品・化粧品の原料にはアルコール類や酸化性液体など、「消防法」による危険物に分類されるものが少なくありません。取扱数量によっては消防署への届出や、危険物専用施設での保管が義務付けられています。

また、製品となった医薬品・化粧品が、そのまま危険物である場合があります。アルコール消毒液、可燃性エアゾール製品、マニュキュア、除光液などがその例と言えます。

危険物の分類と品名

品名 性質 類別 指定数量
塩素酸塩類等 酸化性固体 第1類 50~1,000kg
硫黄、鉄粉等 可燃性固体 第2類 100~1,000kg
カリウム、ナトリウム等 自然発火性物質
及び禁水性物資
第3類 10~300kg
ガソリン、アルコール類等 引火性液体 第4類 50~10,000㍑
ニトロ化合物、アゾ化合物等 自己反応性物質 第5類 10~100kg
硝酸、過酸化水素等 酸化性液体 第6類 300kg

危険物である医薬品基剤の指定数量の例

品名 指定数量
メチルエチルケトン 200㍑
エタノール 400㍑
イソプロパノール 400㍑
エチレングリコール 4,000㍑
グリセリン 4,000㍑
流動パラフィン 6,000㍑

危険物該当の医薬品等の一時的な保管場所としてご利用下さい。
また、危険品該当以外の一般品も温度管理保管が出来ますので、危険物該当の医薬品等と、一般品を併せて一括で保管・配送することが出来ますので大変便利です。

検品・包装・表示

ロケーション管理

検査記録ファイル

許可区分

千葉物流センター(薬剤師2名常駐)

医薬品、医薬部外品、化粧品の製造業(包装・表示・保管)
医薬品卸売販売業、動物用医薬品卸販売業許可
 *-15℃~+25℃の範囲で、1室単位で温度の変更が出来ます。
 *消防法(第1類、2類、4類~6類)に対応しています。
 *「製造業」では、輸入検品、出荷判定などが出来ます。

横浜物流センター

高度管理医薬医療機器一般販売業・賃貸業許可

大阪物流センター(管理薬剤師1名常駐)

医薬品卸売販売業
 *+15℃~+20℃の範囲で温度管理のできる医薬品専用危険物倉庫1棟(高床式、防虫、防塵、防鼠)

 *名古屋・九州の各物流センターについても、順次取得予定です。

お問い合わせ

株式会社 日陸 パッケージソリューション事業部 営業部
【TEL】03-5281-8137 【FAX】03-5281-1860

受付時間 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ