トップの中のCSR情報の中の日陸グループの社会的責任

日陸グループの社会的責任

日陸グループはCSRを通じ、地域・社会と共に永続的に発展を図り、持続的な企業価値の向上を目指します。

1.日陸グループに於けるCSRの位置付け

2.CSR取組体制

CSRを統括するCSR推進委員会の決定に基づき、「コンプライアンス部会」「リスク管理部会」「安全・品質・環境部会」「社会貢献部会」の4部会がCSRの活動に日々取組んでいます。

3.コンプライアンス

日陸グループでは「企業倫理規範」の中で「社会的規範の遵守」を掲げ、その実現の為、社員に対し法令、各種規制および社会秩序遵守に関した教育を行ない、コンプライアンスの重要性に対する認識の浸透をはかっています。
また、コンプライアンス体制の基本規程である「コンプライアンス規程」に基づく体制の整備、各種規程の制改定の実施、内部通報窓口等のコンプライアンス体制および内部統制強化に取組んでおります。

その一環として、2011年5月には業務関連法令の制改定を自動的に関係者に通知するシステム(法令管理システム)を導入し、体制の一層の強化を行っています。

4.リスク管理

日陸グループは危険物・化学製品・薬品等の輸送・保管、及びタンクコンテナ・リースで業界トップレベルのシェアを有しており、大規模災害等発生時に事業を早期に復旧し継続することは日陸グループにとって重大な社会的責任と考えております。

大規模地震

大規模地震発生時においても速やかに事業を復旧させ継続的にサービス・製品をお客様に提供出来る体制を整えるため事業継続計画(BCP)を策定しております。

防災格付けの取得

当社は、2011年9月日本政策投資銀行(DBJ)より防災格付融資を受け、格付結果は「防災に対する取り組みが優れている」と評価されました。新「防災格付」は、2006年4月にDBJが開始した独自の評価システムで、その評価得点に応じて融資条件を設定する融資制度です。新「防災格付」は、災害時の防災対策の確立を前提とし、更に発災後の重要業務の継続、早期復旧について、本社事業所等の領域に留まらず、サプライチェーンを含んだ業務プロセス全体を評価し、事業継続計画(BCP)の策定内容や事業継続管理体制(BCM)の整備状況まで、より深く広範囲に評価・格付けをします。

新型インフルエンザ

大規模地震同様に、事業継続計画(BCP)を策定し、継続的にサービス・製品をお客様に提供出来る体制をとっております。

5.社会貢献

災害地支援

1995年1月に発生した阪神・淡路大震災に際し、神戸市および宝塚市において、大型タンクコンテナを使用し給水活動を行いました。

阪神・淡路大地震給水活動(宝塚市)

また2008年5月に発生した中国四川省大震災に際し、阪神・淡路大震災と同様に大型タンクコンテナを使用した給水活動を行いました。この活動は中国当局より多大な感謝を受けるとともに、日本のマスコミでも大きく報道されました。

四川省大地震給水活動1

四川省大地震給水活動2

2011年3月の東日本大震災の際は、被災地への給水用IBCの提供、漁船の無料搬送など当社業務を活かした被災地支援を実施し、その内容は一部のTV・新聞で報道されました。

募金

年1回会社と社員とのマッチング募金を実施する他、災害発生時の被害者支援募金、使用済切手収集等を社員が自主的に募金活動を行っています。

環境保護団体への支援

世界的な環境保護団体であるWWF(世界自然保護基金)を法人会員として支援いたしております。

障がい者スポーツの支援

一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会と協賛契約を締結しております。

 

「EcoVadis社」のCSR評価で『シルバー』を取得

サステナビリティ活動が調査対象企業の上位30%以内に評価され、EcoVadis社より「シルバー」の格付けを取得いたしました。

EcoVadis格付証明書.pdf

その他

事業所近隣の清掃作業・催事参加等、日陸グループは地域社会との良好な関係作りに取組んでおります。

千葉物流センター清掃活動