トップの中のCSR情報の中の品質・環境

品質・環境

品質ISO9001の取り組み

当社がISO9001(当時は9002)認証への取組みを開始したのは、それまで高度成長をし続けていた日本経済が破綻し、金融システムも崩壊し住専(住宅金融専門会社)のための銀行の不良債権処理が景気を低迷させた時期に一致します。
また認証された年は日陸50周年にあたり、「50年史の編纂」と「品質保証室」を設置しました。新しい時代に向かい当社の発展と競争力をより強化するための基盤整備の一環であり、業務改善に取り組む仕組みであります。

1996年2月キックオフを行い、認証に向け全社一丸となりシステム構築に邁進し、書類審査、実地審査を受け同年11月末ISO9001品質システムの認証証を受領いたしました。

当社における品質保証管理体制は、お客様に対する物流サービスの質を維持・向上させることが大きな目的のひとつでもありますが、お客様の満足するサービスプランを提供するという観点から見ますと、本社部門や事業所それぞれ業務遂行にはいくつかの問題点が内在しておりその改善も目的のひとつでした。

当初は本社のみを適用範囲とするISO9001の認証取得でしたが、その後、物流センター、高砂油槽所(高石ケミカル)、インターテックと 認証取得する範囲を広げて参りました。
2004年(平成17年)には3社(産業・輸送・倉庫)合併に伴い本社部門のほか主要5物流センター および2輸送事業所を範囲として一括運用としました。 また2013年には横浜物流センター、千葉物流センター袖ヶ浦倉庫 、2014年には大阪営業部、名古屋物流センターが認証取得しています。 ISO9001を有効に活用するために品質システムを理解しその手法を業務改善に生かし、社員個々の質を向上させることが肝要であると考えております。

品質方針である「顧客が満足する物流の品質・プランを提供し社会に貢献する」を実現させ、業務の効率化を追求し、より強い会社、能力の高い会社へ進化させていく原動力としてシステムを生かせればと願っています。

品質マネジメントシステム適合証明書⇒(PDF:2,777KB)

品質方針

顧客が満足する物流の品質・プランを提供し社会に貢献する

環境ISO14001の取り組み

昨今、環境問題が大きく取り上げられており、地球温暖化、資源の枯渇、生態系の破壊等、環境問題はたくさんあります。特に問題なのは産業排出物が生み出す温室効果ガス等の大気汚染です。企業が社会的責任を果たすためには、このような環境問題への取り組みは非常に重要な活動です。

当社も2009年4月、本社を認証範囲とする環境ISO14001を取得し環境負荷の削減に努め、環境へ配慮した事業活動を推進して おり、2012年4月タンクヤード部門、2014年4月には、千葉物流センターおよび千葉物流センター袖ヶ浦倉庫へと認証範囲を広げました。今後も、物流センター、輸送事業所、洗浄部門へその 認証範囲を拡大し、環境への取り組みを強化して参ります。

環境マネジメントシステム適合証明書⇒(PDF:826KB)

環境方針

当社は、化学製品を中心とした運送・保管業務及びその他付帯する業務を展開する中で環境汚染の予防に配慮した物流を推進する。
環境に関する法令、条例、その他締結した協定、申し合わせ等を遵守する。 当社の事業活動が環境に与える影響を考え、地球温暖化、大気汚染等に重大な影響を与えるCO2の排出削減等次に揚げる項目に対して重点的に取り組む。
(営業所、グループ会社が行なう環境に関する活動の支援、推進、管理等を含む)。
環境方針は、掲示その他の方法で社員及び関係先に周知する他、求めにより一般に開示する。

  1. 1. 大気汚染防止、水質汚濁防止及び地球温暖化防止対策
  2. 2. 廃棄物の適正な管理とリサイクルの推進による廃棄物の削減
  3. 3. 省資源、省エネルギー、グリーン購入の推進

太陽光発電設備の設置

太陽光発電設備を倉庫の屋根に設置し、資産の有効活用を図ると共に、再生可能エネルギーの利用を促進し、社会や環境保全ならびに環境負荷の軽減に貢献することを目的としております。

 

■ 発電開始:  2016年1月20日(水)

■ 設置場所情報

  名称: 株式会社日陸 横浜物流センター 一般品倉庫 8号棟屋上

  住所: 神奈川県横浜市鶴見区大黒町9番2号

■ 設置パネル情報

  ・発電量: 100Kw

  ・枚 数: 578枚

  ・仕 様: 旭硝子製 1,482×985㎜、耐塩害仕様

■ 全量売電

 

グリーン経営・安全性優良事業所・運輸安全マネジメントの取り組み

グリーン経営

環境ISO14001の簡易版とも言うべきものでトラック業をはじめ倉庫業・港湾運送事業などがあり、当社も2005年以降トラック業の登録を開始し、現在では11の事業所で登録完了し更新を続けています。
CO2の排出抑制、化石燃料の削減のためにアイドリングストップ、タイヤの空気圧、車輛の点検整備等を実施し環境負荷の低減につなげるよう活動しています。

安全性優良事業所

車両の後部や運転席ドアーに緑色の基調で大きく『G』と書かれたステッカーをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。このマークは(社)全日本トラック協会が国土交通省と協議し2003年度より実施している認定制度です。荷主企業や一般の消費者がより安全性が高く、安心して利用できるトラック業者を選びやすくする目的と業者自身の安全性向上に対する意識を高揚のためトラック業者の安全性を正当に評価、認定するものです。当社も11の事業所で毎年認定を受け おります。

運輸安全マネジメント

平成17年(2006年)に起きたJR福知山線の脱線事故をはじめ航空・海運・自動車業界でヒューマンエラーによる事故をきっかけに国土交通省より平成18年10月、運輸の安全性向上のための各業界の法律改正に伴い「安全管理規程に係わるガイドライン」が示されスタートしました。

当社は、平成19年(2008年)より輸送事業所8ヶ所、(物流グループ会社が業務実施)、輸送部門のある物流センター3ヶ所を 該当事業所として運輸安全マネジメント態勢に取組んでおります。

平成28年度の「輸送の安全に関する情報」として下記のとおり公表いたします。

 

(1)輸送の安全に関する基本的な方針

    「事故の無い会社 規律正しい社員の 伝統的信用を強化し引き継ぐ」

(2)輸送の安全に関する目標

    「重大事故の撲滅」

(3)輸送安全目標の達成状況(日陸グループ 11事業所の統計)

    重大事故 0件

(4)自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計(日陸グループ 11事業所の統計)

 

 事業所名

平成28年 平成27年

 事業所名

平成28年

平成27年

 日陸物流 千葉営業所 0件 0件  日陸物流 群馬営業所 0件 0件
 日陸物流 新潟営業所 0件 0件  日陸物流 川崎営業所 0件 0件
 埼玉日陸物流(株) 0件 0件  千葉物流センター 0件 0件
 群馬物流センター 0件 0件

 日陸物流 名古屋営業所

0件 0件
 日陸物流 大阪営業所 0件 0件  日陸物流 神戸営業所 0件 0件
 日陸物流 北九州営業所 0件 0件      

 ※平成27年は、平成27年1月~12月の件数(実績)

※平成28年は、平成28年1月~12月の件数(実績)

(5)輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

         PDF:57KB

(6)輸送の安全に関する計画

    「日陸グループ安全品質活動計画表」に掲載

各グループ物流会社「安全・品質年間活動計画」に掲載

(7)輸送の安全に関する内部監査実施状況と結果及びそれを踏まえた措置内容

    内部監査実施期間 平成28年1月~12月  不適合事項なし