トップの中の企業情報の中の沿革

沿革

1946年(昭和21年) 戦災タンク貨車の復旧による石油化学品の輸送販売を目的として 「日本陸運産業株式会社」設立
1961年(昭和36年) 日陸輸送株式会社設立、輸送事業部門開設
1972年(昭和47年) 日陸倉庫株式会社設立、倉庫事業部門開設
1973年(昭和48年) 大阪支店を大阪府和泉市に開設
1977年(昭和52年) 大阪府高石市に大阪倉庫開設
1981年(昭和56年) 高石ケミカル株式会社設立、タンクヤード事業部門開設
通関事業開始
1982年(昭和57年) タンクコンテナ事業開始、海上タンクコンテナ事業部門開設
1985年(昭和60年) 24トンシャーシを開発し通行許可を取得
1988年(昭和63年) ロンドン駐在員事務所開設
1990年(平成 2年) 米国現地法人NRSアメリカ設立
英国インターフロー(タンク・コンテナ・システム)社を買収し、NVO事業を開始
1993年(平成 5年) 資本金を12億円に増資
本社を東京都千代田区六番町に移転
群馬県邑楽郡に千代田倉庫開設
1995年(平成 7年) IBCのレンタル・販売開始
1996年(平成 8年) 神奈川県横浜市に横浜倉庫(YCC)開設
タンクコンテナ洗浄及びメンテナンス事業開始
ISO9000シリーズ認証取得
ジャカルタ駐在員事務所開設
1997年(平成 9年) シンガポール駐在員事務所を開設、同じく現地法人設立
1999年(平成11年) ジャカルタ現地法人設立(2009年現地法人を売却)
上海駐在員事務所開設
2002年(平成14年) 上海に合弁会社上海日陸外聯発物流有限公司設立
2004年(平成16年) 上海に保税危険物倉庫開設
日陸輸送㈱・日陸倉庫㈱を吸収合併
2005年(平成17年) 愛知県東海市に名古屋物流センター開設
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町に九州物流センター開設
上海に合弁会社上海北方物流有限公司設立
2006年(平成18年) 上海で危険物輸送事業開始
資本金を現在の20億円に増資
2007年(平成19年) 航空貨物輸送事業部門開設
東京貨物ターミナル営業所開設
2008年(平成20年) 社名を「株式会社日陸」に変更
医薬品、医薬部外品、化粧品の製造業(包装・表示・保管)許可取得
IATA貨物代理店認可取得
播磨事業所開設 (2012年6月神戸事業所に集約)
東京税関認定通関業者(AEO制度)認定取得
川崎コンテナターミナル開設
2009年(平成21年) 環境ISO14001認証取得
千葉物流センター袖ヶ浦倉庫開設
上海洋山保税港区に日陸物流(上海)有限公司設立
2010年(平成22年) 本社を現在の東京都千代田区神田錦町に移転

上海洋山保税港区に危険物倉庫開設

2011年(平成23年) 大阪物流センターに医薬品専用危険物倉庫増設

神奈川県横浜市鶴見区大黒町に横浜物流センター開設

2012年(平成24年) 韓国釜山に共同出資による物流会社CALT LOGIS BUD社設立

周南営業部開設

2014年(平成26年) 韓国ソウルに共同出資による物流会社設立NRS-HANEX設立

韓国ソウルに独資NRS LOGISTICS KOREA設立

2015年(平成27年) タイ国に駐在員事務所開設

ライザエクスプレス社を子会社化(現NRSライザエクスプレス株式会社)

2016年(平成28年) タイ国に独資NRS LOGISTICS(THAILAND)設立

創立70周年

2017年(平成29年) 台湾台北市に台湾支店開設